もっとあっさりとうまくいってもいい。

【変化に気づく夏】
〜もっとあっさりとうまくいってもいい〜

「今日のライブで何を話そうかな〜、」

と思いめぐらせていました。

8月8日(土)留美子と満ちるのペアダンスサマーライブ@MADEIRA(マデイラ=「樹木」の意)
20150808live

で、わたし、
もう「手本」を示そうとして
できもしないことをできるふりしたり、
力んでキバるのやめました。

そういうの、やめたんだな、って気づきました。

何年も前に「宝地図」の望月さんが、
「こくご、さんすう、たからちず!」
と提唱されているのをきいて、共感。

なるほど、自分のほしいものを
絵や写真を切り抜いてはりだすと
手に入りやすくなる、というのは本当だな、

確かに、
こうなったらいいな〜(ムフフ)!
という「ビジョン」を描いて
実際に手に入れていく、
これをこどもの頃からやったらいいな、

と思っていたので、この夏は
今年1年生の娘と一緒に
宝地図(ビジョンボード)をつくりました。

「ほしいものポスターつくろう!」と声をかけて
一緒に写真や雑誌の切り抜きをぺたぺた。
こんなやつです。
11822924_942944585747599_3295883354389503615_o

11067597_942944652414259_172192202848722315_o

実は、さくらさん(長女)、
九州のおじいちゃんから

「6歳になったらひとりで飛行機に乗って
 じいちゃんに会いにおいで!」

と、もう何年も前から言われていました。

飛行場までは保護者が連れていき、
機内はこどもだけで過ごす、
ジュニアパイロットとか言われているやつです。

でも、彼女は

ひとりで飛行機に乗るなんて
ゼッタイいや!

とかたくなに拒んでいたんです。

が、家族の写真を切り抜いて
画用紙にペタペタ貼りながら

「やっぱり、行く〜!」

と、急に田舎に行くことに!

左上、パパと並んで写っている
おじいちゃんの写真が
決め手となったようです(笑)

今からフライト、
なかなかとれずに苦労してますが(笑)!

きっと、彼女は行くでしょう^^

それはそうと、
わたしも自分用のビジョンボードを
約2年ぶりにつくりました。

こんなの、できましたー。
11067597_942944652414259_172192202848722315_o

そこでできあがったものをみて、
明らかにこれまでの「暑苦しさ」が 減り(笑)、

いろいろ考えなくても大丈夫!

とか、

Totally Effortless」 

※Effort = 努力、ある方向に向けられた力 
+ Less (がない)、

つまり、

ラクラク、スイスイ!

力が抜けているいい感じを示す言葉です。

そんなゆる〜い文句が
表現されていました(!)。

これは、今までない軽さです〜。

何か、自分が所属するグループとか
考え方とか、あれやこれやの
正しさや有効性を「証明」したい、

とか、

大変な困難を乗り越えて成功する、

とか、

敗者復活、大逆転劇、

感動の劇的ビフォー・アフター

とか、

そんなたいそう派手なビジョンばかり
脳裏に描いていたものだから、

そのまんま、大変なことばかりが
シナリオ通りに列をなして
やってきていたような感じです。

でも、もっとあっさりとうまくいってもいいし、

もっと気楽にうまくいってもいいんだし、

と、心の声が目にみえて変わってきていることに
今回、ビジョンボードをつくることで
気づかされました。

感想の大逆転ストーリーを
劇的なものに仕上げることにばかり
注意を注いでいたのが、今まで。

そういうのも面白いけどね、
これからだって、がんばる、けど、

もっと力が抜けていて、快適で、
(つまり、「Effortless エフォートレス」)

それでもちゃ〜んと
素敵なことがつるつると仕上がっていく、

そんな今までにないライトなイメージが
新しいビジョンボードに
表現されていました。

これから、色々と今までとは
変わってくるんだろうな〜!

楽しみです。

またすぐにお会いしましょう!
See you soon!
満ちる

▽いよいよ本日、13時から!
「樹木(マデイラ)」という名の、解放的なお店です♪

真夏の昼の”ペアダンス”
~はじめてがいっぱい~
井上留美子&笑 満ちるDuoサマーライブ

る〜ちゃんとの出逢いについて

The following two tabs change content below.
笑 満ちる(えみ・みちる)

笑 満ちる(えみ・みちる)

ミュージックライフスタイリスト®  Guitarist, Vocalist, MC emmymichiru.comでは、主に演者としての情報発信を行います。音楽教育家としての発信は、music-life.styleで行っています。

関連記事

ページ上部へ戻る