今さら人にきけない「Gain(ゲイン)」のハナシ。エレキギターのサウンドメイキング#03

ギターを始めて何年もたつと、
本当は完全にはわかっていないけど

(あるいはわかってるつもりだけどww)

今さら人にきけないことって結構あるものです。

人に教えるようになって、
超ソボクな質問を前にして

いわゆる専門用語を使わずに
わかりやすく納得がいく説明ができず、

自分の理解度の「あいまいさ」や「誤解」に
気づかされることも少なくありません。

【当たり前】を見直すことで
思いがけない気づきがあったりします。

そこでギタリスト佐々木秀尚さんに
「今さらきけない系」の
エレキギターの音づくりをテーマに

歪み(ひずみ)を調整する「Gain(ゲイン)」のハナシ】

を書き下ろしていただきました!

■ 佐々木秀尚(ひでひさ)の
  アナザー・ウェイ、アナザー・スタイル!Vol.7

【エレキギターのサウンドメイキング#03】
 〜今さら人にきけない「Gain(ゲイン)」のハナシ。〜

——————————————-
ごあいさつ

こんにちは。ギタリスト&
元楽器メーカーエンジニアの佐々木秀尚です。

先日ギターマガジンの特集で、
ノイズの種類と対策方法の取材がありました。

グラウンドループノイズや
空間を伝搬するノイズ、
電源を伝わるデジタルノイズなど、
完全にハードウェアエンジニアの領域だったので、

人生やっておいたことって
結局つながるなぁなどとおもいました。

ちなみに今こうして執筆の
お仕事をさせていただいておりますが、

そういえば記憶から消し去っていましたが
中高6年間かけもちで新聞部でした(笑)

これはそのうち剣玉やテトリスが
役に立つ日がくるかもしれません…。

さて、前回はEQ(イコライザー)ツマミのお話でしたが、

今回はギタリストの目玉!
Gain(ゲイン)」です。

(参考)前回の記事:

エレキギターのサウンドメイキング#02
今さら人にきけない「ツマミ」のハナシ。

■ 今さら人にきけない「Gain(ゲイン)」、
  つまり「歪み(ひずみ)」のハナシ。
———————————————-

アンプやエフェクターの機種によっては、

Drive(ドライブ)
Dist(ディストーションの略)
Volume(ボリューム)

などと表記されています。

Drive nob

Volume nob matchless

JC-1

こいつを上げると清楚で純粋無垢だった
クリーントーンが、

ジャーゾンゾンパピー!」という
なんとも男前な音に変貌を遂げます。

なんということでしょう。

コレを“歪む(ひずむ)”といいます。
いわゆるロック・メタル化します。

アンプの種類によって変貌ぶりは様々で、
MAXに回しきっても
あまり歪まないクリーンアンプもあれば、
ハウリングをおこしまくって
どうにも手が付けられなくなる
メタル系アンプまで色々あります。

ひとつのアンプに
チャンネルをいくつか持っていて、ライブでは
“歪むチャンネル”と“歪まないチャンネル”を
フットスイッチで切り替えて使う、

なんてアンプも多いです。

■ 「Volume」と「Master」の違い
———————————————-

よく間違いやすいのが、
フェンダーアンプなどである
Volume(ボリューム)」と
Master(マスター)」というつまみがある場合。

この場合ゲイン(歪み加減)を決めるのがVolumeで、
Masterは純粋に音量だけを調節します。

一般的にゲインを上げると音量も比例して上がるので、
音量を調節しているつもりで
Volumeつまみをいじってしまうと
“音色”も変わってしまう
ので注意してくださいね。

歪ませる効能としては、

クリーントーンでは得られなかった
サステイン(音の伸び)を得られる
こと。

また倍音成分を多く含むので、
「ジャーン」と弾くだけで
アンサンブルの中での“埋まり”が良くなります。

逆に各音の音程が見えづらくなるので、
複雑なコードを弾いてもよく聞こえなくなります。

歪ませた音色では、
パワーコードなど
シンプルなボイシングに
行きがちになるのはこのためです。

●お知らせ

最新刊ギターマガジン8月号にて
奏法特集記事を12ページにわたって執筆しております。

秘密暗号(code)解読技術
「Diatonic(ダイアトニック)」
を駆使して任務を遂行する
ダイアトニック007」の物語。

コード・アナライズと
使い方の基礎が書いてありますので、
是非読んでみてくださいね♪

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2014年 08月号

佐々木秀尚
-Hidehisa Sasaki Online-

——————–

【実践】

今日のコラムの「ゲイン」の話を元に、
アンプのVolumeツマミとGainツマミをいじって
どのように違いがあるのか、特徴をつかんでみる!

どんな風合い、どんな耳ざわりがしますか?

あなたの気づきを教えてください!

お問い合わせフォームはこちら

——————–

佐々木さんのコラム名、、

アナザー・ウェイ、アナザー・スタイル!
Another Way, Another Style! は、

もうひとつのやり方、
もうひとつのスタイル、

つまり、

まずは
「笑 満ちるとは違った視点で」

という意味です^^

さらに、
読者にとって新たな可能性を提案する、

という意味をこめて、
佐々木さんと話し合って名付けました。

——————–

不定期コーナーですが、今後しばらくは引き続き
「音づくり」にフォーカスした記事を予定しています。

基本、初心者向けの内容ながら、
ギター歴が長い人も歴が長いゆえに、かえって
今さらきけないソボクな疑問ってあると思います(あるよね〜?)。

そんな部分をしっかりカバーしていきたいと思うので
楽しみにしていてくださいね。

佐々木さんにきいてみたいことや
今後とりあげて欲しい質問などあれば
リクエストしてください。

●リクエスト&お問い合わせはこちらからどうぞ!

すべてのリクエストにお答えできるかわかりませんが、
すべて目を通し、今後の参考にさせていただきます!

Have a great vibes!
満ちる

わたし、笑 満ちる(えみ・みちる)のギターメルマガ上で
「サウンドメイク(音作り)」に関するオリジナルコラムを連載するので
楽しみにしていてください!

佐々木秀尚のアナザーウェイ、アナザースタイル
「エレキギターのサウンドメイキング」

以下のメルマガ内で連載(不定期)していきます。

なりたいギタリストにグン、と近づく夢実現化メールマガジン
ギター・インスピレーション・ジャーナル

ご登録はこちらから

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る