聴き手に響く音

日差しが柔らかくなってきましたね^^
…あなたは今、何を感じてる??

この前のライブのことを
まだ何も書いていなかったので、
少し振り返ってみようと思います。

—————————
■環輝美帆NEW YEAR LIVE with 笑 満ちる
@赤坂見附Casa Classica Jan. 30 2016

24395233199_25d25eca6a_z

当日、アンコールで収録された
美帆ちゃんのメルマガ動画番組
「シエスタ通信」も公開されたので、
この記事の追伸欄でリンクをシェアしています。

楽しい雰囲気を感じていただけると思います^^
観てくださいね♪

12632847_1034982863210437_1842942481_o

今回ご一緒させていただいた、
癒し系シンガー、環輝美帆(たまきみほ)さん。

12650371_1034981356543921_786328602_n

歌を聴けば、美しい声とメロディに
心癒され、日頃の様々な想いが浮かびます。

今回、美帆ちゃんからは、わたしは
「チャンス」をいただいたと思っています。

本当の自分らしさをみつける「チャンス」を。

美帆ちゃんは、わたしのライブを観に来た時、

「この人のギターを聴きにきたのに、
 ギターよりも歌ばかり歌うんだ?

 掲げてる看板と違う中身に、
 正直いってがっかり」

という印象を持ったといいます。

それは、

「僕は【シンガーソングライター】です」

と名乗りながら、実際にはカバーばかりで
自分の曲はほとんどない人をみて、どう思う?

それと同じだよね。

ギタリスト、ギター・スタイリスト、
と看板掲げているんだったら、

観る人は、

この人は、どんなギターを弾くんだろう?

と期待してライブに来るんだから、
それを裏切ってはいけないよ、

というワケですww

そんな風に大胆かつ率直に
本質に切り込んできてくれた
美帆ちゃんとの対話の中で、

わたしは歌も語り(MC)もやるけど、

やっぱり、

もっとギターで表現したいんだ!!!

と、想いを改めて再認識。

心からやりたいことかどうか、を大切にして、
一つ一つ、丁寧にやっていこうよ!できるから!

と、手を引いてもらっての、初共演でした。

そんな背景もあり、自分なりに、

「ギタリストとしての初舞台」

という気持ちで臨みました。

今回のライブでは、

グランドピアノでの
美帆ちゃん自身のソロ弾き語りと、

わたしのギター伴奏で
美帆ちゃんが歌う、デュオ、

そして、わたしのソロギター

という、3種類の形態で
ライブが進んでいきました。

お詫びしなくてはいけないような失態もあり、
そこはメインの美帆ちゃんに対しても、
美帆ちゃんのお客様に対しても恐縮の至り。

それでも、一音一音、丁寧に、また
情感豊かに奏でようと心がけました。

どれだけ自信を持って、その音を奏でるか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表現として、自分のモノになっているか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が、聴く人の心を打つ鍵となることを、

美帆ちゃんの堂々たる弾き語りを
目の当たりにして改めて体感しました。

ハプニングも経験しつつ、
温かいお客様に見守られながら
穏やかな雰囲気のライブになりました。

お店のブログにも、当日の模様を
さっそく掲載していただきましたので、
ご覧ください。

Casa Classica 1月30日(土)昼の部
環輝美帆NEW YEAR LIVE with 笑 満ちる

<お客様からの声>

“満ちるちゃんのギターの音色と
美帆さんの歌声に癒やされたり、涙が出たり”

“心に沁みた”

“伸びしろを感じるギター。応援したい”

”テクニカルな演奏、ごちそうさま!”

…「テクニカル??」

テクニカルとは、うまい、ということだよねぇ?

わたしの演奏の、一体どこが
「テクニカル」だと感じたのか、

お客様にその心をお尋ねすると、

“タッチが優しいですよね。弦のタッチ、弾く位置(ネックよりとか・・・)、リズム感、指運び、、、全てを含んでの演奏だと思うんです。なんていうのでしょうか、、、プレイヤーの心が伝わるというか、、個性と表現しても良いのかと思いますが、聴き手に響く音を感じました。^^ 僕はロック系とかのギターですが、テクニカルな速弾きよりも、音に表情や情景を感じるプレイが大好きです。チョーキングだけでさまざまな表情や表現を聴き手にインスパイアさせるギタリスト。。時に優しく、そして泣き、そして攻撃的な吠えるギター、、、これは譜面には絶対表せません。少なくとも僕はそんなギタープレイが好きです。^^ そしてそれは音楽のジャンルを超えても共通のように思います。どんなジャンルのギタリストでも一音に込めた表情が見えるギタープレイが名ギタリストではないかと、、、僕の個人的な意見でもあるのですけどね。。。そんなギターに心惹かれるのです。^^ 熱い、熱い、、、長文コメント失礼しました!笑”

と、熱く語られ、ボー然!!!

そして、とても嬉しかったです!

なぜなら、わたしがとても大切にしている部分を
ストレートに受けとってくださっていらしたからです。

弦を弾くタッチ…、

こう見えて(どうみえてる?)
かなりこだわりあります。

だから、そこに気がついてくださり
ただただ、嬉しかった。

リバーブなどのかかり具合によっても、
手元のタッチと、出てくる音に乖離が出てくるので、

常に弾き加減を調整しますから、
そういう意味では、
「テクニカル」だと言えるのかも!

知らなかった…。

わたしの演奏を支える、
実は「テクニカル」な、側面(笑)。

細部に神は宿る、

といいますが、

そこに、

聴き手に響く音

につながるスピリットが
静かに息づくのかもしれません。

今、わたしはピック弾きから
完全指弾きに移行中で、

大変なもどかしさを常に抱え、
文字通り悶絶しながら、

音楽の神様につながる音が出せるよう、
日々、練習しているんですよ〜^^

きっと、真剣に音楽に向き合うなら、
多かれ少なかれ、理想に手をのばして
現実とのギャップに戸惑いながらも、

これまで培った自信と、
皆さまからの期待に応えたい、という想い、
そして何より表現する喜びを糧に歩んでいく、

そういう部分があるんだろうな〜(しみじみ^^)

ちなみにこの御方は、
遠路、長崎からのお客様でした。
(ありがとうございます!)

開演前に楽屋でわたしのケイタイが鳴り、

「まだライブ、入れますか?」と!

わたしのケイタイは、
その数分後には動画撮影のために
機内モード(着信できない)に切替えられ、
三脚に取り付けられてしまったのですから、

わたしが問い合わせの電話に出られたこと、
そしてお帰りの飛行機の便までのわずか数時間に
雨の中、わざわざライブに足を運んでくださったこと、
本当に奇跡を感じます。

ウェブ制作や音楽制作を生業とする、
長崎の川崎俊一郎さんです。

12687883_1037663102942413_803614538864272324_n

ウハッ!この写真、ご自身も
美帆ちゃんとわたしも、
3人とも、めっちゃ嬉しそう〜♪

川崎さんは、ご自身もギターを嗜まれ、
演奏動画も多数、公開されています。

わたしのギターや足元の機材にも興味を持たれ、
この通り、素敵な写真に収めてくださいました。

12661770_1037663129609077_779264721887041237_n

12670863_1037663116275745_7197063434204339456_n

本当にありがとうございます。

これからも、心に響く音楽を求めて
旅を続けていきたいです。

大親友!
絵で伝えるビジュアライザー
ありす智子ちゃん。

12516671_931359500244879_867379603_o

わたしの発する言葉の端々から
瑞々しい真意をくみとり、
小さな一歩を歩み出す
きっかけをつくってくれた
メンタリング・プロデューサー、
キセキ(都丸タカ子)さん。

24736659476_9612d2df2e_z

撮影協力してくれたラウさん。
そこにそうしていてくれて、ありがとう!

彼は、わたしが音楽家である以前に
一人の人間であることを
ありありと感じさせてくれる大切な人です。
24736357576_f2254305e0_z

終演時間を大幅に過ぎていたにもかかわらず、
美帆ちゃんとわたしとの
記念撮影を求める列が切れず、
喜びもひとしお!

みんな、みんな、本当にありがとうございました!

■次回は、こちら!

 ↓ ↓ ↓

恋をしましょう〜ガトーショコラ☆バレンタインライブ〜

いよいよ、今週末です。

コントラバスと、わたしのギターの
デュオ生演奏を聴きながら、

絶品ガトーショコラを味わう、
日曜の昼下がり。

ジャズ・スタンダードと
わたしたちのオリジナル、

半々くらいの構成です。

アクセサリー&ウェルカムボード作家
upa(ウパ)による
ライブペインティングも予定されています。

upa(ウパ)
アートワーク
ito, oto, nuno, enogu

わたしたちの演奏に合わせて、
3枚の絵を描いてくださいます。

…あっと驚くサプライズも?!

ぜひ遊びに来てください!

恋をしましょう〜ガトーショコラ☆バレンタインライブ

共謀者・ベーシスト・パティシエ?!
Ariとのあれやこれやも、
また追ってお話ししたいと思います。

ではまたすぐにお会いしましょう!
Love,
満ちる

追伸:

前回のライブでの、
アンコールを収めた動画はこちらです
  ↓ ↓ ↓

ラブ・シンガー 環輝美帆
歌のメルマガ動画「シエスタ通信vol.15」

ゲスト  
笑満ちる(えみ・みちる)

今日の歌
「The boy from Ipanema」
vocal 環輝美帆
Guiter 笑満ちる

「Seize the day」
作詞:作曲 環輝美帆
ピアノ&ヴォーカル 環輝美帆

12654606_946368968772395_7454225930533628452_n

美帆ちゃんのメルマガはこちらです:
シエスタ通信

コンサートの情報や楽しい動画が届きます。
ぜひご登録を〜〜♪

Have a good day!

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る