起因|なんだか気楽でいられるのが嬉しい。

今日は寒かったですね。
あっという間に日曜日も夕刻に。

この1週間というもの、
親友の最期(死)に向き合うも
しんみりと悲しんでいる間もないほど
いつもに増して怒濤のスケジュールでした。

父親の81歳の誕生日を祝った翌日に、
まだ40代半ばで闘病中の親友について
もういつ心臓が止まってもおかしくない、
と知らされ、急きょ予定を変更し、
こどもを3人連れて病院へ。

短時間、顔を見るだけ、といいながら、

お子様連れは、これから先はご遠慮ください、

と言われるまで長く病院に留まり、
夜中、バスと電車を乗り継ぎ、帰宅。

翌々日未明、息を引き取ったときく。

おひなさまを箱から出して
枝ぶり豊かな桃の花を飾り、

キャンドルに火をつけて
大天使をお迎えし、お送りし
(ホスティングエンジェル)、

少し遠出して足を伸ばし、
ずっと遊びにいきたかった
友人の元へ。

お祝いの席でギター演奏した後、

その足で長距離移動して
ビジネスセミナーに参加、
事業計画書づくりを進める。

翌日は長女の卒園遠足で
娘と一緒にお弁当をつくり、

長いこと会っていなかった
北海道在住の友人から連絡を受け、
仕事の合間に抜け出して再会。

話題になった才能分析テストを受け、
自分だけの資質が明らかになり、安堵する。

夜になり、友人から友人を紹介され
新たな絆が育まれ、

また別のところで幾重にも
友人を友人へとつないでいく。

娘たちの誕生会では
手づくりピザをつくり、

入学準備の買い出し、名前付け。

息子の命名式、
学童の説明会、
確定申告、
お別れサプライズのあれやこれや。

ほかにもなんかあったかなー。

これがたった1週間の出来事。

どうしても調整がつかず
見送った予定もいくつかあって、
我ながら、まったく、
なんと多彩な毎日を送っているのかと
あきれるほどだ。

0歳〜6歳の3人のこどもたちと
一緒に過ごす賑やかな日々が
これまでになく楽しくて仕方ない。

でも、ちゃんと寝てるせいかな、
不思議と全然疲れてなくて、
なんだか気楽でいられるのが嬉しい。

運動らしい運動もままならず、
食べたいものを、食べたいときに
不摂生に食べている割に、気づけば
臨月から16キロ体重が落ちていた。

重たい荷物を引きずって
冷たい雨の中を子連れで歩く時、

これまで大なり小なり感じていた
「犠牲者意識」やら
「あらわにされない憤り」は
いつのまにかどこかへいってしまった。

起因。

新しい季節がやってくる。
新しいステージへ。

あなたと一緒に。

Play your style with your smile!
あなたの人生、という音楽を奏でよう!

近況、日々の気づき、ライブ出演情報などを配信しています。

ギターインスピレーションジャーナル

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る