笑み、満ちるギターをハートに織り込んで|Heart Smile(ライブレポート、動画リンク有)

わたしは苦手なこと、できないこと、いっぱいある。
でも、それ以上にできること、いっぱいあるんだなぁ。

そんなことを実感した
先週末のライブレポートです。

後半、写真や動画リンクあるので
楽しんでください。

■ できないことはしなければいい
—————————–

才能に悩んでいる音楽家は多い。

人それぞれ、身体も、
生まれ育った環境も違うのだから、
向き不向きや個人差があるのは当然と言える。

どんなに頑張ったって、
追い越せない人は存在するし、

どんなに頑張っても、
どうにもできない
身体的な問題はあるように思う。

ただ、誰かよりも
才能や資質がないことを感じたからと言って、
音楽家として生きられないわけではない。

自分という人間の使い方は、色々ある。

ピアニストの舘野泉さんは、
脳溢血で右手が使えなくなった。

これは、ピアニストとしては、
致命的な出来事と言える。

しかし、彼は左手しか使わない演奏をして、
左手のピアニストとして活躍をし、
左手のみのピアノ曲の普及活動をしている。

無いものは、仕方がない。

できないことは、しょうがない。

その代わり、
自分が持っているものを生かす方法は、
無数にあるんじゃないだろうか?

自分に無いものを補完する方法は、
探せば見つかるかもしれない。

「何かがないからダメ」

と思い込んでいるだけで、
色んな可能性が盲点に
隠れてしまっているんじゃないだろうか?

「これがなきゃダメ」
「こうでなきゃいけない」

といった、既存のあり方に捉われず、
もっともっと色んな新しい形を
模索していけば良いと思う。

その人ならではのあり方を。

以上、
音楽家サポートコーチ
高野直人さんのFacebook投稿より。

できないことにフォーカスして落ち込みがちだけど、
できることにフォーカスし直せば、
かなりユニークな道が拓けるもの
ですね。

そして自分に自信が持て、幸せになれる。

わたしもそんな道を模索しながら歩んでいます。

■ 福音。
〜ギターの音をハートに織り込んで(ライブレポート)
———————————————

先週末、バレンタインデーの夜、
渋谷でライブがありました。

ハートの絵ばかりを描く
「ハートの絵描き」西村公一さんの個展があり、

オープニングパーティで行われた
ライブペインティングのバックで
ギターを弾かせていただきましたー。

西村さんとは2010年から
Facebookでつながり、

誕生日にコメントするくらいで
ゆる〜くコミュニケーションをしていました。

以前から西村さんの個展の案内をみて

「すごく素敵な絵を描く方だな〜☆」

と憧れていたんです。

でもすぐには行動せず、

ちょっと観に行ってみたいけど、
日程合うかな〜、

あれ、もう終っちゃってた…残念!

といった感じで
すれ違っていたのですが、

今回の個展の案内をみて
何か直感的にビビビ、と感じ、

西村さんのハートにギターを添えるのが夢です

とコメントしたところ、
すぐにメッセージが来て

「ギター弾くんだよね?早く言ってよ〜、
 幼なじみにギター頼んじゃったけど、
 次回ぜひ一緒にやろう」

「ボクがハートを描くそばで
 満ちるさんが勝手にギター弾く、っていうのやろう」

と言ってくれたんです。

ワクワクして、

次っていつ頃だろう?

なんてときめく思いをめぐらせていたところ、

本番10日前を切った頃、

「急きょ、今からでもギター演奏、お願いできますか?」

と依頼が入ったのです。

予定していたギタリストが
都合がつかなくなったとのこと。

わたしの演奏動画を送ったところ、
アレンジが面白い、と言ってくださり、

満ちるさんは歌の伴奏より
ソロの方が合ってる。

前半はジャズボーカルのライブがあるので
その後にソロで弾いてほしい、歌はなしで、

とリクエストされました。

こんな感じのギターがいいんだよね〜

と挙がったのは、

ジョニ・ミッチェルの名盤
「ブルー」1曲目、
All I Wantという曲。

歌い回しが特徴的で
独特の世界観を持つ、
ジョニ・ミッチェル。

歌なしでギター1本で
この世界観を表現……。

なかなか難易度の高いリクエスト(!)に、
ハイ。喜んでチャレンジさせていただきましたよ〜(笑)。

会場は、渋谷のパン屋さん、
パン・オ・スリール さんです。

前半のジャズボーカルで
My Funny Valentineなど
しっとりとした歌をバックに描かれたハート。
001

ボーカルのMIYAKOさんと
エクセランドのShinsukeさんのデュオです。

最後はおふたりに
コーラスでAyamiさんの
ハスキーボイスが加わり、
あったかい歌で場内が包まれました^^

絵筆のストロークに合わせて
ラスゲアードでコール&レスポンス。

002

アイコンタクト。セッションの臨場感はたまりません!

003

こんな感じでふたりのセッションは進みます。

004

この日の足下はこんな感じ。
005

アンプは200Wハイパワーな「ZTランチボックス」です。

完成しました〜!

006

この個展のテーマは
Heart Smile 

11007421_777905218966059_1492284580_n

ハートとスマイル、ということで、
きっとわたしの出番だったのでしょうね♪

わたしがギターで奏でた音は目に見えませんが、
きっとこのあったかいハートの中に
織り込まれているといいな〜♪と思います。

こちらに友人が動画を編集してアップしてくれています。
興味あれば、のぞいてみてくださいね。

ライブペインティングが終った後、

「すごく描きやすかった、
 次はもっと自由に好きなこと弾いていいよ」

「楽しかった?またやろう」

と言ってもらえました♡

こうしたアートとのコラボレーションは
前からずっとやりたかったので、

このようなカタチで実現して
本当に嬉しいです。

アート×ギターのコラボレーション、
これからも楽しみです〜♪

当日ライブペインティングしたこちらの作品は
個展の会期中、2015年3月28日まで
こちらの会場に展示されています。

007

会場は、天然酵母のパンが本当に美味しい
渋谷の隠れ家的パン屋さん、
パン・オ・スリールさんです。

こちらは西村さんと打合せ時のショット♡

008

急な話でしたので、こどもたちも預ける間もなく
一緒に連れていきました。

手にしているのは、
今回の個展とコラボしたオリジナル、
「ハートのデニッシュ」です。

この日が初対面のわたしたち。

ライブで弾くギターをイメージするために
目の前で画材を取り出し描きあげてくれました。

こどもたちも、一緒になってお描きを楽しみました。

実はわたしの夢ノートには、
こんなことも書かれています。

3人のこどもを授かり、多彩な体験を与えること

(コレ、まだこどもが1人しかいない時にすでにイメージして書いていました!)

苦手なこと、できないこと、いっぱいある。

でも、自分なりに音楽との関わり方やら
こどものことやら練習のことやら
毎日悩みながらも、できること、いっぱいある。

ひとつひとつ、ていねいに。

想い新たに、進んでいきます〜♪

またお会いしましょう!

感謝をこめて
満ちる

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る