【ご報告】持田裕子追悼ライブ・愛のうた〜真実を教えてくれた人〜

おはようございます。満ちるです。

今年一番長い昼が終わる頃、
ある特別なライブが始まりました。

彼女の楽曲から
Canção de amor ~愛のうた~
と名づけられた
持田裕子(もちだひろこ)追悼ライブです。

シンガーソングライター、もっちーこと
持田裕子さんは、私の20年来の親友です。

彼女との出逢いは、文字通り
私の人生を大きく変えてくれました。

2015年3月4日未明、彼女は
がんで46歳の命を息を引き取りました。

お葬式はごく身内だけの火葬だったので、
このライブが実質、彼女を偲ぶ
最初の集まりとなりました。

6/22の追悼ライブ当日は、
生前にパートナーだった
中込祐さんのお声がけにより

総勢26名+α(飛び入り)の
ゆかりあるミュージシャンが
三軒茶屋Grapefruit Moonに集まりました。

私もギターとボーカルで
出演させていただきました。

1900360_866462980099190_2697499319752241111_o

生前、もっちーが弾いていた、
Gibsonのエレガット。
チェット・アトキンスモデルです。
image

この日、中込祐さんからお借りして
ステージで弾かせていただきました。

こちらは、リハ直後の集合写真です。
1907487_919854581387286_5665617039826552750_n

なじみの顔と、初めての顔が半々くらい。
それでも、半ば同窓会のような雰囲気です。

彼女の楽曲を、
詩(うた)をこよなく愛し、
尊敬してやまない音楽家、

という共通項によって結ばれ、
温かい一体感を生み出していました。

こちらはスピンオフ。
リハ直後の集合写真、「変顔version(笑)」

「変顔」のクオリティをこよなく求めて、何度も撮り直す我々(爆)。
11412311_919854381387306_6919111634297891713_n

わたしのリハーサル中、
思いがけない音楽仲間が
夢中になって私にカメラを向けてくれ、

「よかったよ〜!いっぱい練習した?」

なんて声をかけてくれました。

恥ずかしいやら嬉しいやら。
11655217_866863436701691_447622573_n

11350094_866863420035026_1152236254_n

実はこの声の主、
数年前に一緒に仕事をした時に
私のプレイの貧弱さに落胆し、

「ギター、ちゃんと練習してる?
 口ではギタリストとか言ってるけど、
 全然ギター弾いてないんじゃないの?」

「ギターを愛してる音がしないんだよね」

「これでお金とって、罪悪感とかないの?」等々、

あえて厳しい言葉を
浴びせてくれた人でした(愛です)。

彼女はもっちーと同じく
本当に正直者で、

感覚的に違う、と感じたら、
それはもう、違うのです。

返す言葉がなくなるまで、
徹底的に言いたいことを
ズバリ、指摘されたのです。

そんな彼女だからこそ、なおのこと、
わたしの演奏する姿に
前のめりで聴き入り、

「本当によかったよ〜!」

と伝えてくれたことがことのほか、
嬉しかったのです(ホッ^^)。

第一線で活躍中のベテラン勢に混じってのライブで
内心とても緊張していたので、安堵しました。

もっちーがいて、
彼女がいて、

わたしたちは文字通り
泣き、笑い、喜怒哀楽をともにした
「ファミリー」なのです。

☆もっちーが慈善活動に従事していた頃、
一時帰国した折のスナップショット。
DSC00784 (1)

憤り、声を荒らげて喧嘩したこと、
悲しくて泣きじゃくったこと、
笑い転げた瞬間も、鮮明に蘇ります。

リハーサルは順調に進み、
予定よりもはるかに前倒しで終了。

…出演者が多いイベントでの
リハは、大幅におすことはあっても
はるかに前倒しで終わることなんて、稀ですよね。

心ひとつ、想いひとつであったことが
そんな事柄からも感じられました。

開演までのしばらくの間、
みんなで持ち寄った彼女の写真や、

これまでのライブのDM(ダイレクトメール)を
壁面に貼り出す作業を手伝いました。
10177975_919853061387438_3452494204328685736_n

わたしと知り合う直前、
1991年のファーストライブから、
11427292_866458773432944_2242860219300056168_o

昨年3月の最期のステージまでの
チラシやハガキの数々。

11415562_866464353432386_8368791469304542403_o
よくとっておいたな〜、と感心します。

共演者、対バン、会場、日付が書かれた
数々のアートワークは興味をそそります。

ここに名前のある大半の人が
この日、この場に集まって
一緒に歌い演奏するのです。

ほとんどが彼女の作詞作曲の曲ですが、
いくつか他の方との共作がありました。

そのうちの一つが「祈り」。

作詞者である彼女から
作曲者の小林治郎さん(ベース)への
ファックスでの手書きのやりとりが
通路の壁面に貼りだされていました。

これについて、治郎さんがスピーチも。

創り手同士の生々しいやりとりが
やけに心を打ちます。

開場後は、満席に。
11269778_866463160099172_2196803352019594903_o

通路にまであふれる、人、人、人。
11535916_921254517916606_4946413140194934096_n

追悼ライブといっても
そこには湿った感情はまるでなく、
高揚感と熱気が立ち込めてました。

出演者の一人、ギター・ボーカルのKOWさんが撮影してくれた
写真にも見事にその臨場感が収められています。
(この記事にあるモノクロ写真は、KOWさんによるものです)

当日のセットリストと出演者を
ここに記しておきます。

悲しいのうた
小嶋佐和子 vo.
千田利貞 per.
富樫 善弥(トガゼン) per.
11269812_866458030099685_6136133201508850929_o

Way of Water
松田肇 g.
田中義人 g.
竹本一匹 g.
河野充生 b
酒井聡之 sax
野崎洋一 key.
竹内義人 ds.
11406129_866462593432562_6849381903646908265_o

はじめてがいっぱい
Yuko(笑 満ちる)vo. g.
持田浩嗣 vo.
竹本一匹 per.
扇谷研人 key.
11051832_856717231074211_7815736788827334303_o

11425162_856717261074208_4789581934425301835_o

なみだたまゆら
ねおみい vo.
佐々木真理 key.
竹本一匹 sound ball
11415529_856717407740860_6630610269977675247_o

11428123_866463546765800_1713614119756192680_o

life time
佐々木真理 key.
10012950_866463423432479_3008949963701015244_o

サウダージ
田村みどり vo.
イトウマキ music saw
佐々木真理 key.
中込祐 g.
11411786_856717587740842_7578202460654413937_o

11402908_856717844407483_6126134643253099826_o

意志
KOW vo.g.
扇谷研人 key.
中込祐 g.
11406439_856718084407459_6181938634788224496_o

11411787_866464053432416_5977924278116708832_o

祈り
生まれる

比屋定篤子 vo.
小林治郎 b.
竹本一匹 per.
千田利貞 per.
トガゼン per.
野崎洋一 key.
田中義人 g.
松田肇 g.
酒井聡行 sax
坂田学 ds.
11415610_866459780099510_45203536752366533_o

11251810_866464850099003_8659672075608917081_o

11050251_866464553432366_4414916774835622694_o

11406622_866464470099041_9074371554399711876_o

11218241_866464656765689_1281264449671828914_o

カエターノ
東輝美 vo. g.
千田利貞 per.
11402444_866466056765549_8831925329045795096_o

10368941_856718157740785_5124364496510202082_o

愛のうた
言葉

ねおみい vo.
花れん vo.
Emi vo.
扇谷研人 key.
河野充生 b.
熊田俊彦 ds.
松田肇 g.
下野禎幸 g.
11062126_866466276765527_8711638636898689583_o

11406200_856718307740770_6275686517557480316_o

11537916_866466386765516_983051010272086070_o

10531403_856718337740767_2340574672796170223_o

11221915_866466703432151_2822917570675175243_o

最後、主催者の中込祐さんと
扇谷研人さんがスピーチ。
11406691_866467246765430_795800647892958085_o

10658597_856718377740763_9206350005948028305_o

もっちーの遺影に向かい、
皆で拍手を贈り、締めくくりました。
10866261_866467473432074_2778251756214178435_o11143543_866467653432056_8711325729351507847_o

11537800_921255594583165_5068497294027327347_n

わたしにとり、彼女の魂のメッセージは
大まかにいうとこのようなものです。

誰かがもっともらしく語ることに
 耳を傾けることで済まさないでね。

 何がほんとうで、
 何がほんとうではないのか?

 ほら、自分の目で見てごらんよ!

幸せな人は、
自分が幸せだということを
確かに知っています。

不幸せな人は、
自分が恵まれていることに
気づけずにいるのです。

わたしは、彼女と過ごす月日により、
どんな時も自分が本当に愛されていて
幸せであったことに気づかされました。

ごく身近な人たちからの想いを
もう長い間気づかずに
見過ごしてきたことにハッとさせられる。

今、この瞬間からの人づきあいに
明らかな違いをもたらす。

そんな彼女との語らいは
本当に貴重なものでした。

もっちー、ありがとう。

心を傾け、耳をすましてみれば今も、
もっちーの肉声が胸中にこだまします。

持田裕子という、ひとりの生命。

彼女が残してくれた大きな愛は、
今もこれからも私達の胸中に生き続けます。

生前、病床の彼女に、

「もっちーの唄ばかりのライブをやりたいんだ〜!」

と伝えると、

「それは夢のような企画だねぇ!」

と、それは嬉しそうにしていました。

持田裕子追悼ライブは、
その夢が実現した
最初の夕べとなりました。

すべてをアレンジしてくださった
中込祐さん、松田肇さんをはじめ
関わるすべての方々に深く感謝します。

帰り道、お客様 2人組とご一緒しました。

会場では、壁に貼られたDMを
ずっとじっくりと眺めていたのを
覚えていたので話しかけたら、

「皆さんが歌ってくれないと、

わたしたち(持田さんの曲を)聴けないので!
またぜひお願いします!」

と熱烈にリクエストされました!

「この追悼ライブのメンバーで
 持田裕子トリビュート・アルバムを制作しよう!」

という声も!

ぜひ、実現したいです。

わたしたちは、持田裕子さんの創った
素晴らしい楽曲の数々を折にふれ
大切に歌い継いでいくので、

まだ持田作品になじみのない方も
機会あればどうぞ、
彼女の作品にふれてみてくださいね。

【持田裕子 関連リンク】

madeleine records|持田裕子

持田裕子さんからのメッセージ (2014年3月)

長文にもかかわらず、最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

笑 満ちる、こと
Yuko(本崎祐子)

P.S.

こちらのライブでは、
彼女の珠玉の作品から

「はじめてがいっぱい」 と
「言葉」 をとりあげます。

縁あって出逢ったばかりのシンガー、
井上留美子さん(るーちゃん)と、

互いにふれあい、とけあう過程を
もっちーの「はじめてがいっぱい」の歌詞になぞらえて
ライブのタイトルに起用させていただきました!

真夏の昼の”ペアダンス”
~はじめてがいっぱい~
20150808live

井上留美子&笑 満ちるDuoサマーライブ
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/77042/

もし、奇跡的にご都合が合うようでしたら、
どうぞお越しください。

Be with you…
満ちる

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る