帰らぬ人

この文章を読んでいる方の中には、
しっかりとギャラをもらって
プロとしてコンスタントに
演奏活動している方もいれば、

ギターを始めたばかりの方、

ギターを聴くのは好きだけど、
自分では演奏しない、という方、

別の楽器や歌を中心にやっている方、

完全なアマチュアとして
週末はなじみの店で
ちょいちょい演奏している方、

いろいろいらっしゃると思います。

でも、何らかの本番中の

「あっ、しまった!」

をこれまでに全く経験したことのない方は、
きっと一度も人前に立ったことのない方だけだと思います。

誰もが大なり小なり経験する

「あっ、しまった!」

あなたは、どう対処していますか?

■ 帰らぬ人
—————————————————

主人からソボクなギモン。

「どうしてプロ(ミュージシャン)は間違えないの?」

プロだから100%、一切間違えない、

というのではなく、仮に多少間違えたとしても、
【間違えを他人に悟らせない】ワザに長けてくる、

のではないかと思います。

少なくとも、ステージ上では。
少なくとも、お客さんの前では。

間違えた時、どんな風にやりすごすかも、
上達の過程をたどります。

何事もなかったように楽しませてくれる、
その姿勢、その態度がいわば、
「ステージマナー」。

わたしは、音楽に限らず、
プロフェッショナル、
という言葉が好きです。

すみずみまで意図が行き届いている感じが、たまらなく好き。

たとえアマチュアであっても
こうした「プロ意識」を持つことで、

演奏のレベルはもちろんのこと、
弾くこと自体の楽しみも
何倍にも増すと思うのです。

だから、腕前がどうあれ萎縮したりしないで
堂々とプレイできるように、できるように、と
もっていきたいんです。

失敗してどうしようもなくなって
最悪、止まっても(!)、
そこで言い訳したりしないで

しれ~っ、とすぐに仕切り直して
再びグルーヴの中へ戻っていけば、いいんです。

失敗して「やべっ!」と
舌を出してみたり、

(周りが何ていうかな~)
と様子をうかがったりして、

自分のミスをまるで
「お手玉のように(!)」
いじくりまわしてしまうことって、
結構あったりします。

でもそれだと、結局、
いつまでもそこから注意が離れず、
自分の殻に閉じこもってしまう。

でも、心そこにあらずになっては
それ以上、何も生まれません。

だから、

自分の演奏がどうだったか、を気にするあまり、
演奏直後に自信なさそうに縮こまったり、

むやみに感想をききまわっては
無責任な他人の反応に
一喜一憂したりすると、どうでしょう。

失敗したことを態度で示したり、
照れ隠しで口にすることで、
かえって喜びも成長の機会も奪われます。

だから、その場ではしれっ~、っと
何事もなかったように流すことかな、と
最近思っています。

もちろんうまくいかなかったところは
ちゃんと見直す必要はあって、

どうしたらよくなるか課題をみつけて
直していくのは大事ですよね。

でも、そういう次に活かすための
「ふりかえり」っていうのは
冷静になって「別枠で」やるのが
いいんじゃないかと思うのです。

自分のダメさ加減に追い打ちをかけるように
自分で自分を責めては落ち込んだり
「撃沈」して黙りこくって「帰らぬ人」へ…

(もう二度と人前でなぞ弾くまい、と
 固く心に誓ってしまう人のことw)

わたしがそうでした。

でも、もっと自分のブザマさに
愛しさ感じていいんじゃない?

無論、演奏した時、最も注意をおくべきは、
自分がミスしたかどうか、とかよりも、
目の前で聴いている人が楽しんでるかどうか!

そこにこそ、
もっともっと意識を注ぎたいから!

Love,
満ちる

追伸:
毎日、自分に言い聞かせるような気持ちで
こうして言葉をつづっています。

ライブ演奏が終る度に
何らかの課題はみつかるもの。

恥ずかしながら、全く一つもミスなく
終えたステージの方が少ないくらいです。

以前はそれをくよくよしてばかりいましたが、
今はまるで違います。

「本当に感動した」、とか、
「すっごく楽しかった、また来ますね!」とか

お客さんからのありがたすぎる感想や
歓びに満ちた表情を目の当たりにして、
自分の存在意義を実感するのです!

どんな影響をもたらし得るか。

曇った顔が晴れ、
しかめっつらが笑顔になれば、
それがわたしにとっての「成功(成幸)」です!

あなたにとって、
弾き手として、また聴き手として
音楽ライブに求めているのはどんなことですか?

ぜひまた話の続きをきかせてください!

The following two tabs change content below.
笑 満ちる(えみ・みちる)

笑 満ちる(えみ・みちる)

ミュージックライフスタイリスト®  Guitarist, Vocalist, MC emmymichiru.comでは、主に演者としての情報発信を行います。音楽教育家としての発信は、music-life.styleで行っています。

関連記事

ページ上部へ戻る