【音楽ライフに関する意識調査】②音楽活動の充実度について

【音楽ライフに関する意識調査】②音楽活動の充実度について

圧倒的充実感のある音楽人生を。
ミュージックライフスタイリスト®
笑 満ちる(えみ・みちる)です。

わたしたちは、音楽家のために音楽ライフを充実させるために
様々な情報提供や連続講座、認定講師の育成などを予定しております。

そこで、より良いコンテンツを提供するため
 【音楽に真摯に取り組んだ経験のある方】を対象に、
ライフスタイルについての予備調査を行いました。

【音楽ライフに関する意識調査・目次】

①目次〜お答えいただいた方々について
②音楽活動の充実度について(このページ)
③普段の生活の中で、どんな時に喜びを感じますか?
④普段の生活の中で、どんな時にフラストレーションを感じますか?
⑤あなたにとって、音楽とはなんですか?
⑥音楽を続けていく上で、ご自身で創意工夫されていることがあれば教えてください。
⑦音楽を続けていく上で、困難を感じていることがあれば教えてください。
⑧今、あなたが最も関心を寄せていることは何ですか?
⑨考察・まとめ

このページでは、「②音楽活動の充実度について」まとめています。

②音楽活動の充実度について

 

あなたの現在の音楽活動の充実度について
5段階評価で教えてください

%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%81%ae%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e5%85%85%e5%ae%9f%e5%ba%a6%e8%a8%ad%e5%95%8f

1 全く満足していない:15.8%
2:29.7%
3:27.7%
4:20.8%
5 圧倒的充実感を味わえている:5.9%

%e5%85%85%e5%ae%9f%e5%ba%a6%e5%9b%9e%e7%ad%94

▽それはなぜですか?

■地元音楽スクールの生徒会にてイベント企画、セッション企画を運営しており、地元の祭りや商店街イベントでのライブや、発表会などの企画に携わり、出演者が楽しめるための企画を練ったり、飲み会などを開催しているため。 私は、自分が出たいというよりも、参加者にいかに楽しんでもらえるかを考えることに充実を感じ、日々仕事そっちのけで音楽に取り組んでいます。

■活動を通して、出会いや気づき、達成感、自分を成長させてくれ、喜びを与えてもらっているという実感がある。うまくいくことばかりではなく壁もあるが、それを乗り越えることも、喜びであり挑戦。シアワセです。

■練習や活動もしていないもので。

■今少しずつ仕事としての受注も出始め、オリジナルには少しずつファンが付き始め、自分の音楽の質も向上していると感じるから。

■実際自分のやる気次第だと思うので。

■仕事になっていないし、活動が軌道に乗っていないからです。

■現在、大学卒業以降休止していた演奏活動を再開することができたから。

■育児、家事、仕事と音楽以外のやりたい事に時間を費やしているため。

■アマチュアですが複数のバンドに所属しており、年に数回のLiveもしてます。

■私は今、ソロギターの演奏スタイルでギターを弾いていますが、 バンドを組んでいた時期は仲間がいました。やはり音楽仲間は重要だと痛感しています。

■知名度も低く、 もう少し活動したい気持ちがあるから。

■育成に力を入れ出してから充実感を感じる様になった。 自己肯定感も強くなり、自信の持てなかった作詞作曲も手がけ ホームセンターのCMソング、大企業の社歌も作れる様になったので

■発表の場をいただき、マイペースで活動できていること

■沢山の音楽仲間に恵まれて、色々なユニットで活動させて頂いています。演奏場所に関しても、居住する横浜市内のお店からオファーを頂く事が増え、有り難い限りです。但し時間的な制約から、仕事(会社員です)との両立に頭を悩ませる事も増えました。

■ライフワークが音楽をする事をベースに成り立っており、指導することも、自分が学ぶこともバランスよく出来ているため。

■仕事の両立、生活環境などでやはり打ち込めない

■バンドをしてないから。 イメージ通り弾けないから

■仕事・家事をしながら楽器の製作学校に通っているため、弾く方の練習にあてる時間が極端に少なくなってしまいました。なので「満足していない」寄りなのですが、でも楽器や音楽に携わっている時間は逆に増えているので、相殺していまちょうど中間くらいです(笑)。

■音楽活動はしていないけれど、他の活動では充実しているから。

■現在、音楽にたづさわっていないので充実感は音楽ではないです

■同じような年齢のビギナーレベルの仲間がいない

■仕事と家事に追われ時間がない。

■常に上を目指しているから。まだ、始まってもいないのに満足もできない。

■自分は真剣に音楽をやっていきたいと考えて、音楽理論や技術を磨いているが、一緒の志を持った良いバンドメンバーに巡り会えていないから。

■仕事で時間が中々とれない

■60歳になって、バンドをやっているから。

■まだまだ下手だから

■忙しくてなかなか音楽をやる時間が確保できないため。

■まだ表現的な活動はしておらず、初心者の域を脱していない。練習してみるが何を明確に練習すればいいか判らない。将来的にバンドを組んで地域に貢献してみたいが、その希望叶わず。挫折感すら感じる。以上のことで全く満足していないと答える。

■現在は乳児を育てているので活動が困難な為。

■音楽にかける時間が足りない

■演奏現場、楽曲制作案件が少なすぎるため

■音楽で食べていきたいという思いはあるが叶っていない。練習や創作に専念したりライブに向けての十分な準備をするための時間が持てない。すべてを一人でやらなければいけない状況が続いたことに疲れている。

■ギターは好きですが家庭を持ち時間、経済的な余裕がないからです。今は限られた時間で音楽に携わる環境を作るのを課題にしてます。
時間がとれない

■音楽活動に焦点をあてていること。 得たい結果が得られたら5になる。

■バンドを組んでいないので活動ができていない点と 実際に海外へ行き現地で音楽を学びたいという点

■仕事と音楽が密接なので。

■途切れ途切れでやっているから

■生活出来ているので。

■まだまだ人前で弾くレベルではなく、 一人で弾き語りの練習を一日3,4時間しております。 外に出る機会や技術をもってお身に着けたいと思っています、

■楽器を触る時間が少なくなったため

■何故でしょう。音楽が辛い仕事になる時も、楽しい仕事になる時も、趣味になる時もあるので、圧倒的充実感を味わう瞬間が随所にありつつも、全く満足できない瞬間も同じ位ある。

■目標を達成すれば新たな目標が見えてきての繰り返しで充実感を常に得ていたらそれはそこで止まり次なるステップへ迎えない気がする だから常に目標や足りないものを模索し充実感への道を切り開いているから

■満足したらそこで終わりなので常に不満足

■自分自身のオリジナルが滞ってる

■現在はまだ勉強や練習をしなければいけないレベルなので、活動らしい活動は出来ていないから

■過去の出来事が良い思い出として語れるため

■仕事が忙しく音楽活動の時間が殆ど取れない

■即興演奏のジャンルでは、国内と国外で認知度が行き渡っていて、様々なオファーが自然と集まってきている状況になっているので。

■自身はプレイヤーとしてではなく(演奏家としてやれる自信がなかったため)、ギタークラフト系の専門学校に行き、楽器店に就職し、音楽に関わる仕事につき、現在は独立し7年半が経ちました。 でも、下手ながらお金を頂いて人前で演奏したり、教えたりする機会もあり、また商品を販売する上で演奏上達の必要性も感じ、「音楽活動」を「演奏活動」として捉えるならやりたいことがまだやり切れていない、と言う意味で「3」です。 ただし、音楽に囲まれ、素晴らしいミュージシャンを地域の方に紹介したり音楽をツールとして繋がったりする空間を運営することが出来ていることも含めると、「音楽に関わる活動」としての充実度は「4」です。 あと、集客や収益が見合うようになる(しっかりと地域に音楽文化が根付く)と「5」になります。

■生活の一部であり、特別なことではないから

■日々、少しずつ上達している実感があるため。

■個人練習のみだから

■今でもバンド活動を続けられているから

■子育て中で自分の時間を中々取れない。 ドラムならともかく、ギターを小さい子供の近くで弾くのは、万が一の事があったら嫌。

■最近練習してないから、上手くならないし、練習の仕方が分からないから

■仕事が忙しくなり全く楽器に触れられなくなった為です。

■個人の練習時間が足りない

■ボイストレーニングに関してももっと行わないといけないと思うし、バンド活動をするにあたって歌詞を書くなどまだ積極的にできていない。

■音楽を聴いてこんな風にギターを弾ければカッコいいだろうなぁ!と思っていますが、実際にギターを手にもつと理想と現実の差に落ち込むようになってからギターを弾かなくなりました。あまりに下手なので教室に通うのも恥ずかしいうえになかなか時間がとれず、だんだん楽器から離れていったので音楽活動の満足度というととても低いと思います^^;

■出産をし、子育てを優先をしているため

■現在のところアマチュアとして納得のいくバンド活動が実現できているから

■演奏レベルの近い他パートのメンバーとの接点があり、ジャムセッションから難解なな曲のカバーまで、バンドとして打ち込めるから

■尊敬する講師から指導を受けているから 「こうなりたい」と思える演奏力・人間力を持った演奏家から指導を受けることが出来ているから。またその指導を、上述のバンド活動に還元し、自身の演奏力の向上を少しずつ実感できているから。

■バンドが上手く活動できてない 自主練習時間がなかなかとれない イメージした楽曲がうまくまとまらない、形に出来ない レッスンで得た物を形有る成果に出来るか不安 でも、レッスンを経てレベルが上がっている実感があるから満足度は少ないがある

■努力不足。

■自分のレベルの低さ。

■音楽を作る時間をとれていない。

■演奏の値打ちは雰囲気にあります。 女で言うなら美人が素質、その中でタレントが買われるのに、「雰囲気が ある」が物をいいます。 MCと演奏、この二つが両輪です。 私のMCにヒントを与えてくれるコーチが必要。

■若い頃バンドをしていましたがもう一度楽しくバンドをしたくなり ギターを習いに行っています。

■自分がやりたい音楽の環境は整った(経済面、仲間、レコーディングPVなど)。しかし10代の頃より音楽に対する情熱が薄れた気がする。醒めてしまったというか。もっと熱くなりたい。

■本気で活動しているから!!!

■食べれるほどの技量は無く、食べる為の仕事が生活の中心に在る。一定年齢を越えると特に演奏の機会は減っていく。

■2バンドに参加し、年間10回以上Liveに出演。 アマチュアとしてちょうど良いペースで活動できている。

■習い事だから…

■ギターを弾くエネルギーと時間がない。

■子育て中で楽器は少しも触れませんが、子供たちとの日常生活で結構知らずに音楽の根元的体験をしているらしいので、3です。

■本当に自分のやりたい音楽に割く時間が取れない。

■年齢状況で、対応や練習のやり方にバリエーションの必要性も多くなって、理解するまでにステップがいること。

■やりたい活動、仕事を目指して研鑽しているところだから

■やりたい仕事をさせてもらっている。 常に新しい事に挑戦できる環境にある。

■現状に不満はないが、ステップアップ出来るなら努力したい

■時間

■音楽自体の好きなのと、様々な人に出会えるから。

■自分のペースでやれているが、もう少しやりたいなぁと思うことがあるから。

■転勤してきたばかりで周りに音楽仲間がいない

■私生活が忙しくなり中々時間が取れない。

■技術的に未熟で思うように演奏は出来ないので満足度は真ん中

■才能の無さに嫌になった。

■ユニットが解散してライブを長い間行えてないので

■最近、教え始めばかでまだ 慣れず、本職の仕事との両立が大変。

■中々音楽に時間をとれない。 年齢を重ねる毎に、バンド活動のペースが落ちてきた。

■海外出張など仕事が忙しくなって以降、最近は遊びも含めて音楽活動や演奏をしていないので。

■音楽オンリーで行けるときも行けないときもあるので、半々という感じです。

■地元のおやじバンドに属しており、練習もさることながら、公共場所での演奏機会にも恵まれている。 一方、更に技術的にも高度化を図りたいと感じており、全体の満足度はまだ5段階であれば3程度との分析。

【音楽ライフに関する意識調査・目次】

①目次〜お答えいただいた方々について
②音楽活動の充実度について(このページ)
③普段の生活の中で、どんな時に喜びを感じますか?
④普段の生活の中で、どんな時にフラストレーションを感じますか?
⑤あなたにとって、音楽とはなんですか?
⑥音楽を続けていく上で、ご自身で創意工夫されていることがあれば教えてください。
⑦音楽を続けていく上で、困難を感じていることがあれば教えてください。
⑧今、あなたが最も関心を寄せていることは何ですか?
⑨考察・まとめ

これらの調査結果に基づいて、
音楽家のために音楽ライフを充実させるための
様々な情報提供や連続講座、認定講師の育成などを予定しています。

ご意見、ご感想、お気づきのことがありましたら
こちらからお寄せください。

ありがとうございます。

圧倒的充実感のある音楽人生を。
ミュージックライフスタイリスト®
笑 満ちる(えみ・みちる)

 

The following two tabs change content below.
笑 満ちる(えみ・みちる)

笑 満ちる(えみ・みちる)

ミュージックライフスタイリスト®  Guitarist, Vocalist, MC emmymichiru.comでは、主に演者としての情報発信を行います。音楽教育家としての発信は、music-life.styleで行っています。

関連記事

ページ上部へ戻る