ながら音楽のススメ 〜だったらもう、「練習時間」なんてつくらなければいい。

少しでも真剣に音楽をやろうとした時、
仕事や家庭、地域活動、
友人との交流といった
通常の生活の流れの

「何かをつぶして」

「音楽だけのための時間」

をどうにか捻出しようとするのだけれど、
これがどうして、てんでうまくいかない。

そして、やりたい気持ちがあるにもかかわらず
うまく時間がつくれない不器用な自分に腹を立て、
苛立った気持ちをどうにもできない。

それで、本番が近づくにつれ、
「ねばならない」に追いまくられる。

なんとか仕事や生活を工夫して
幾ばくかの練習時間、
研究時間を設けるけれど、

その時間になると必ずといっていいほど
何か突発的な出来事が次々やってくる。

とにかく眠い。だるい。

どうでもいいことばかりが脳裏をちらつく。

そんなの、望んでない。

だったら、もういわゆる
「練習時間」なんて、つくらなければいい。

いつもやってることの
「ついで」に「ながら」で
できることないか、考えてみる。

その「ついで」「ながら」
アクションを意識的に増やし、

その「ついで」「ながら」アクションに
ちょっとした愉しみを見出してみると、どうだろう??

日常のあらゆる瞬間が、
音楽にちなんだそれになる。

はじめはやっぱりちょっと億劫だ。

でも、少しずつ、少しずつでいい。

「ついで」と「ながら」に
気持ちを注いでいくうちに、

雪だるま式に
やりたい気持ちが覚醒する。

すると、どうだろう??

もっともっと気持ちよくなりたいから、
あともうちょっと、やりたいから、

「ねばならない」とは全く逆の発想で
楽器にふれる時間が勝手に増殖してくるから面白い。

音楽をくちずさんでる自分がいる。

日々の暮らしが音楽で満たされる。

…やってみたい人は、いますか??

なりたいギタリストにグンと近づく!夢実現化メールマガジン

Photo by 青木優佳〜写真を通じて女性の心を解放する

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る