人生はラスゲアード#01 フラメンコの歴史


フラメンコギタリスト池川寿一の
 「人生はラスゲアード!」

——————————-

フラメンコギターコラム一覧はこちらからご覧ください:

——————————-

こんにちは、フラメンコギタリスト池川寿一です。
今回はフラメンコの生い立ちについてご紹介したいと思います。

後半では、おすすめアーティストも紹介されていますので、
どうぞお楽しみください!

■ 第1回 フラメンコの歴史

——————————-

フラメンコの生まれについては
様々な説がありますが、

インド北西部に発祥の地を持つ
ジプシー」と呼ばれる民族が
大きな影響を与えた、という説が有力です。

15 世紀頃、温暖な気候を求めて
スペイン南部アンダルシア地方に住み始めたジプシー。

当時のアンダルシアは
イスラムやユダヤ、カトリックなど
様々な宗教に根ざす文化が
融合した地域でもありました。

16世紀頃になると、
当時のスペインを支配していた
キリスト教徒の勢力が、
その種族と宗教の純潔を保つ目的で
少数民族を国内から追い出す運動を起こしました。

ジプシー達への迫害が始まったのもこの頃です。

迫害に遭いながら山岳地での生活を余儀なくされたジプシー達は、
その嘆きや苦しみをカンテ(Cante=歌)で表現するようになりました。

こうして現在のフラメンコの元となる、
カンテ・フラメンコ(Cante Flamenco)が誕生しました。

(続く)

★実践★

これは聴いとけっ!おすすめアーティスト
〜フラメンコ音楽を聴いてみよう!〜

そんな背景を持つフラメンコ音楽を、
今度は実際に聞いてみましょう。

YouTubeユーチューブで検索すると、
実にたくさんの動画が出てきます。

「これは聞いとけ!おすすめアーティスト」を紹介しますので、
ぜひ検索して見てみてくださいね。

Paco de Lucia(パコ・デ・ルシア)
先月惜しまれつつも亡くなったフラメンコギターの神様。
超絶テクニックな今もなお全世界中を魅了している。

Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)
「パコ・デ・ルシアの後継者」と謳われたフラメンコギターの詩人。
メロディアスなフレーズにダイナミックなリズムで
フラメンコ音楽に新しい息吹を与えた。

Tomatito(トマティート)
「トマトちゃん」という可愛いアダ名のギタリストだが、
ジプシーの血を受け継いでおり、
その「黒い音色」は圧倒的な力強さと繊細さを放っている。

Camaron de la isla(カマロン・デ・ラ・イスラ)
パコ・デ・ルシアと共にフラメンコに革命をもたらした伝説の歌い手。
歴史的にも「カマロン以前」「カマロン以後」と区別されるぐらい、
亡くなってもその存在は色褪せない。

まだまだたくさんのアーティストがいますので、
もっと知りたい方は、ぜひメッセージお待ちしていますね!

リクエスト&お問い合わせはこちら

次回もさらにフラメンコの生い立ちについて
ご紹介したいと思います。

ぜひ楽しみにしていてください。

それでは、iHasta Luego!(またね!)

~すべての人に情熱と元気と感動を
フラメンコギター池川寿一

このギターコラムについて
昨年、著書などを通じて知り合い意気投合した
フラメンコギターの池川寿一さん。

情熱!元気!感動!
日本情熱化計画!!

琴線のふれあう会話から、ギタースタイルの垣根を超え、
お互いの活動を支援し合う仲間になりました。

本ギターコラム、
フラメンコギタリスト池川寿一の
人生はラスゲアード!

不定期配信ですが、当面は週末に向けて
金曜日の早朝〜土曜日に出していきます。

最新記事はブログに先立って
下記のギターメルマガに掲載されますので、
気になる方は今すぐご登録を!

なりたいギタリストにグン、と近づくメールマガジン
ギター・インスピレーション・ジャーナル

ありがとうございます!
満ちる

The following two tabs change content below.
笑 満ちる(えみ・みちる)

笑 満ちる(えみ・みちる)

ミュージックライフスタイリスト®  Guitarist, Vocalist, MC emmymichiru.comでは、主に演者としての情報発信を行います。音楽教育家としての発信は、music-life.styleで行っています。

関連記事

ページ上部へ戻る