すぐにギター練習に飽きちゃうって?

ギターインスピレーションジャーナルvol.026
【すぐにギター練習に飽きちゃうって?】

夕べは、学生時代から大好きなギタリスト、

アレン・ハインズ(Allen Hinds)のDVDを観ていたら、
インタビューがいくつも入っていました。

改めて観ていたらどれもすごくよかったので、
ここで少しずつエッセンスを紹介していきますね。

————————————————-
“How does a beginning student keep interest in guitar? ”
(初心者はギターへの興味をどのように保ち続ければいいのですか?)
————————————————-

アレンはこんな風に答えています(字幕+満ちる訳^^):

生徒をみていると多くの人は
何かを練習していると、すぐに飽きてしまう。

ギターには最初は難しいこともある。
でも弾き続けなくてはね。You gotta play!

大事なのは、観客を楽しませることだ。

スケール(音階)などがうまく弾けても、
Song(曲)が弾けないギタリストがいる。

Song(曲)を覚えるべきだと思う。

コードを鳴らすだけだとしても、
ただのギターパートより心地がいいだろう。

他の人のSong(曲)を
トランスクライブ(コピー)したりするのもいい。

「自分のスタイルが欲しい」というけど、
まずある程度のレベルに達しないと
自分のスタイルはみつからないものなんだ。

だからギター初心者にとって最も大切なのは
心地よく曲をプレイできるようになることだ。

耳を肥えさせ、曲をコピーすることだ。

例えばビートルズだとか
シェリル・クロウなんかの曲を聴いては、
自分のギターで(シャラーーン)、
う〜ん、こんな感じかな〜、と、何かしら書いてみる。

それはやりがいのあることでもあるし、
ギターに興味を保てるよ。

(略)

この話はこの後、リズムの話にうつっていきます。
それほど奇をてらったことは
何も話してないんだけど、

大事なエッセンスが
つまってるように感じます。

目の前の誰かに向かって
楽しんでもらう、ってことを
忘れてしまうことってあると思う。

ギターを教えていると、
何を練習したらいいのかきかれることがある。

これと、これと、これと、って、
いくらでも課題は出してあげられるけど、

本当は、それだけじゃあ、
絶対的な何かが欠けていて!

自分をそうカンタンには飽きさせずに、
夢中になれることをみつけ続けて
次から次へとやってみること!

その「試行錯誤力」、鍛えた方がいいって切に思う。
(自分に言いきかせてマス^^)
まず、自分が楽しめることをする!

そして何より、アレンが言う通り、
目の前にいる人たちを楽しませること☆

ギターに触れているだけでワクワクしてくる、
何か音が聴こえてきたら、いてもたってもいられず
すぐさまギターで音をひろってみたくて仕方ない。

自然体でそれができちゃってる人は、
いくらでもうまくなる。

でも、ギター弾いてて

めんどくさいww

とか、

つまんない、

とか、

それ、意味あんの?

な〜んて気持ちが思わずわいてきちゃうなら、

それこそ、自分の機嫌は自分でとって、
どうしたら興味が保てるのか、追求してみればいい。

そうやって、「ときめきアンテナ」張り巡らせてみて!

どんな旋律やリズムだって、構わない。

今、この瞬間、
その音を弾く以外のことをしているなんて
まるで考えられない、ってくらい、
心底気持ちよく弾いてくれたら、

聴いてる方も気持ちいいし、
もっとずっと聴いていたいって思う。

そして、その人の演奏を
また聴きたい、って思うんだ。
そういえば、思い出した話がひとつ。

島健さん。

十数年前にあるライブを観に行き、
もぐり込んだ打ち上げでご一緒した時、

彼はこんなことを言っていた。

僕はものすごくものすごく演奏するのが大好きでね、
それがどのジャンルだろうと別に構わない。

リズムに乗って音を出してること、
そのものが楽しくて!って言っていた。

その姿がまた楽しそうで、ね!

わたし、それ以来、
島さんの演奏をつま先立ちしてみてたっけ^^

わたしも、そんな風になりたいな!

今でもそう、思っている。
アレンのDVDは、ここで買えますよ:
http://www.prosoundcommunications.com/mainpages/allen_dvd/index.html

Oh, アレンは、何を弾いてもカッコいいなー!
……あなたの大好きなプレイヤーは誰ですか?
その人は、どんなことを語り、どんなプレイをしてくれますか?

あなたは、これからどんな音を奏でますか?

Have a great journey!

満ちる
追伸:

日本語で「曲」というのと、英語の「Song」、
印象がかなり違って感じるのはわたしだけ?

曲、というと難しく感じる。
ソング、の方が好き(笑)!

あなたは、どう?

 

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る